FC2ブログ

第33回ゴールデンディスク賞授賞式

本日行われた、「第33回ゴールデンディスク賞授賞式」の音盤部門で、ジョンヒョンが本賞を受賞しました!

おめでとうーーー!!!

ミノとテミンが代理受賞しました。



授賞式という、華やかな場所で、笑顔で受賞できないことが残念でなりません。





み:まずは、ジョンヒョニひょんにこのような良い賞をくださってどうもありがとうございます。変わることなく応援して支持して下さるファン、SHINee Worldの皆さんに、ジョンヒョニひょんの代わって感謝の言葉を申し上げます。

て:今まで、他の誰よりも音楽とステージを愛したうちのジョンヒョニひょんを長く覚えていてください。これからもジョンヒョニひょんの音楽とステージをたくさん覚えていて、見守ってくださることを願います。

190106_gda01.jpg

190106_gda02.jpg

じょんくんの映像の中にあった写真は、ヌナたちが撮った写真でしたね。
190106_gda03.jpg

190106_gda04.jpg

190106_gda05.jpg

「どの瞬間、どの世界ででも
永遠に私たちの誇りです。」
190106_gda06.jpg


この受賞は、ヌナたちの努力の賜物だよ...

年間を通して、共同購入や募金など、すごくがんばったよね。
絶対に賞を上げたいという努力が、結果になって良かったです。
私もそれほどは貢献できなかったけれど、少しは役に立てたかな。

これからもジョンヒョンの音楽を大切に聴きます。


【追記】
ミノとテミンは、スケジュールを調整して、家族にも連絡して参加したようですね。
記事が上がりましたので、置いておきます。

---
[33回ゴールデン]故ジョンヒョン、本賞..ミノ・テミン、スケジュール調整し、代理受賞した事情

190106_gda07.jpg

「うちのジョンヒョニヒョンを長い間記憶してくださって見守ってください。」

故ジョンヒョンに代わって第33回ゴールデンディスクアワーズのアルバム部門本賞トロフィーを持ち上げたシャイニーのメンバー・ミノとテミンは首が縛られたように難しく、受賞の所感を続けた。続いて故ジョンヒョンの追悼舞台が繰り広げられると、余りにも早く去ってしまった若いアーティストを恋しがるファンたちの無念が客席を埋め尽くした。

6日、ソウル九老区高尺スカイドームで開かれた33回ゴールデンディスクアワーズで故ジョンヒョンは'Poet l Artist'でアルバム本賞を受賞した。'Poet l Artist'は彼が生前に準備したソロアルバム。突然世の中と別れることになった故人と彼を慕うファンのためにSMエンターテインメントが遺作として発表したアルバムだ。

故ジョンヒョンの今回のアルバムはレコードの本賞の候補作30個のうち12番目に高い販売高を記録した。23万5283枚(2018年12月22日基準)を売り上げた。アルバム販売量70%、放送局音楽番組PD、歌謡担当記者、音楽評論家、国内の音源流通会社の関係者やゴールド・ディスク・アワーズの執行委員など30人で構成された歌謡曲専門家たちの審査点数30%を合算し、受賞の結果が決まる審査基準によって、ジョンヒョンは最終本賞を受賞した。審査の点数はアルバム本賞候補チーム30チーム(名)のうち、防弾少年団(29.7点)、Wanna One(19.2点)、TWICE(18.9点)などに続き、7番目(ジョンヒョン点数:11.2点)で高かった。アルバム販売量と審査の点数を合算した総合成績で本賞候補30チーム中7番目に高く、本賞を受賞した。

故ジョンヒョンの本賞受賞の知らせにシャイニーのミノとテミンは一足飛びにゴールデンディスクアワーズを訪れた。ミノは映画のスケジュール、テミンも個人的なスケジュールがあったが、ゴールデンディスクアワーズに出席するために、すべての日程を調整した。ミノは、ジョンヒョンの家族にも代理受賞をしに行く事実を伝え、"ヒョンが受けている賞なのだから当然行って代理受賞しなければならないこと"とし、連絡したという。ジョンヒョンを家族のように、本当の兄のように大事にしている弟たちの心がそのまま感じられる行動と決定だった。

同日の授賞式に出席したミノは"まず、ジョンヒョニヒョンにこのようないい良い賞をくださって感謝している。変わりなく応援してくれて支持してくれるシャイニーワールドのファンの皆様に感謝を申し上げる"、と代理受賞の感想を伝えた。テミンは"音楽と舞台を愛したうちのジョンヒョにヒョンを長い間記憶してくださってこれからもたくさん覚えてくださって見守ってくれることを願う"、と涙を見せた。

代理受賞の感想直後に出た故ジョンヒョンのスペシャル映像はファンが直接送ってきた写真と映像で制作した。ゴールデンディスクアワーズの事務局は、授賞式前のアーティストジョンヒョンのスペシャル映像制作に向けて直接ファンがジョンヒョンを撮った写真と映像を公開的に募集した。ファンが直接送った映像と写真で本賞受賞を祝うスペシャル映像を製作してもっと意味が特別だった。音楽ファンたちの心の中に音楽と舞台を愛したジョンヒョンと彼の音楽をもう一度深く刻むことができた胸を打たされる瞬間だった。

【出処】日刊スポーツ
---

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みちる★

Author:みちる★

最新の日記
最新のコメント
最新のトラックバック
全日記一覧

タイトル一覧ページへ

月別一覧
カテゴリ一覧
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: