FC2ブログ

清潭Keyチン EP04

「清潭Keyチン」第4回です!

今回は、きーさんがいつも作っているので、自分的に安心できるという料理(笑)、ヘジャンパスタとブルーチーズクリームパスタです!`ㅂ´*
180927_keychin01.jpg

いつものように、ニンニクはたーっぷりと💦
180927_keychin02.jpg


初回、ウネの時は、失敗してしまった電動ワインオープナー。

き:成功!
これ、本当に楽だね。世の中よくなったね'ㅂ'*
180927_keychin03.jpg

おいしいものを食べた時の顔ですので、とてもおいしいということですw
180927_keychin04.jpg

第4回のゲストは、ハネ&キラーグラム!
180927_keychin05.jpg

ハネひょんとは、もちろん、「驚くべき土曜日」でご一緒ですね♪
キラーグラムとは初対面だそうで。
ハネひょんのラッパー仲間です。

「おいしい?」って毎回聞く~
180927_keychin06.jpg

最初、失敗したくせに、ドヤ顔で開けて見せるwww
180927_keychin07.jpg

き:あ、そうだ。(キラーグラムは)ヒョン・・・?
180927_keychin08.jpg

キラー:僕、年下です。
180927_keychin09.jpg

!!!!
180927_keychin10.jpg

!!!!!!!!
180927_keychin11.jpg

キラーグラム:あまりに驚きすぎじゃないですか?
き:うそでしょ~
180927_keychin12.jpg

き:壁の後ろにイギョンギュ先輩いらっしゃるでしょ?
どっきりカメラでしょ、これ~
180927_keychin13.jpg

www

キラーグラムが92年生まれ、マイクロドットが93年生まれと聞いて、また驚きw
180927_keychin14.jpg

「ショーミーザマネー」でハネとキラーがぶつかって、ハネが勝ったけど、音源はキラーが勝った、という話を聞いて。

き:昔でいえば、2PMとシャイニーだね。
(勝負は)行ったり来たりして。
でも、僕らから見ればなんてことはなくて。ただ友達だよ。
放送は放送というだけだからという感じだよね?
180927_keychin15.jpg

ハネとキラーも激しく共感。
ライバルなんていうのは、世間が思っているだけで。


ゲストの選定についても、やっぱり、きーさんが考えてるんだよね。

ハネひょんをこの番組に渉外したいと思ったのは、お酒の席(ノルトの会食だねw)で、HIPHOPの人がバラエティーに出ることについて、話したことがあったみたいで。

き:最近はその境界があまりなくなってきたようで、いいと思う。
ショーミーもアイドル出るじゃないですか。
それで優勝もしたじゃないですか。
そういうことに境界が無い方がよっぽど見てていいですよ。
みんな似通っているんだから、実は。

ハネ:『ヌナンノムイェッポ』は当時、R&BとかHIPHOPの感じで、記憶に強く残ってるよ。
180927_keychin16.jpg

そうなんだよ、そこだよ。
私がしゃいにに最初落ちた理由。
完全に楽曲の力だったもん。むっちゃR&Bだよね!
かっこいい~って思って。
境界線なんて、とっくのとうに薄まっているよ。

ハネひょんは、Block Bのメンバーだったからね。
ユグォン、ソンミノ、ジコ、パッキョン、ハネ。すごいメンバー。
180927_keychin17.jpg


そして、キラーが「もし足りない時のことも考えて」と、和牛とアスパラガス、らーめんまで持ってきたけれど笑、
(さすがモッパンラッパー!)
和牛を焼くことにw

き:他のもしてほしいという人は初めてだよ~
キラーグラム:見えます? そうすると、肉汁の中に閉じ込められて、
さらに一緒にカリっとジューシーでおいしいんですよ~
き:そうやって、よく知ってる人が来たら慌てるね。
キラー:でも見てたら、ちょっと知ってるヒョンだから~
180927_keychin18.jpg

き:・・・ヒョン、ヒョンって、プレッシャーで死にそうw
180927_keychin19.jpg

まだまだ、キラーが年下ってことに慣れないきーさんw

さすが、モッパンラッパーw 写真もうまいw
180927_keychin20.jpg

き:ディズニー好きなんですよね?
キラー:むっちゃ好き!
き:僕、ディズニー、ホントに好きなんですよ!

ハイタッチw
180927_keychin21.jpg

き:僕はクラシックが好き。
キラー:白雪姫、
き:ピノキオ
初めて見たビデオが、叔父さんがアメリカのディズニーランドに行って、
字幕のないピノキオのビデオを買って来たんだよ。
小さい時は、何を言ってるかわからないじゃないか。
でも、おもしろいんだよ。
キラー:アメリカの家がディズニーランドのすぐ横で、
ディズニーランドの花火が毎晩見えるんですよ。
それから、大抵のディズニーは全部見て。
しかも、僕の前のアルバムが「Princess」というアルバムなんですけど、
僕が全曲、ディズニープリンセスにインスピレーションを受けて作ったんですよ。

キラーのそのアルバム、むっちゃ気になった!w

ハネ:20代の男たちがディズニーで共感するとは
き:僕はどこででもこの話するわけじゃないよ。
しゃべりまくってたら、最後に見回すと僕だけバカになってるよ。

ディズニーの話できる人がいないから、キラーとその話をしたかったのねw


そろそろ、応接セットへ移動~

き:僕が普段、Tシャツに半ズボンでわーっと焼酎飲んだり、
楽なのが好きなんだけど、ワインにパスタとか、捨てられないんだよ。
180927_keychin22.jpg

キラー:捨てられない?
ハネ:食事だとかこういう形式を捨てられないってことだよ。
き:必ず洋食にしなければならないようで。

きーさん独特の言い方を解説してくれるハネひょんw


き:服に性格が出るんだよ、僕が思うに。
180927_keychin23.jpg

しゃいにメンバーを見ててもそう思うw

き:それに、僕は歌詞を書くと、やたらと普段の言葉遣いが...
「말해 뭐 해」こういうのを書くようになるから。
180927_keychin24.jpg

全員:ハハハハ!!!
き:「あ、こうじゃないね?」って直して。
ハネ:歌詞を書く時は自分の性格がみんな出るんだよ。
き:僕が通して歌詞を書いたのは、今回が初めてなんだよ。
僕らのアルバムの収録曲。
すごく胸がいっぱいで、自分が書いた歌詞を見ても、恥ずかしくないんだよ。
むしろ人々に聞いてくれと言うよ。
180927_keychin25.jpg

キラー:なんていう曲ですか?
き:『アンニョン』という歌なんだけど、しかも、バラードなんだよ。
キラー:じゃあ、歌詞がさらに重要ですよ。
ハネ:バラードの歌詞が本当に大変だよ。
き:一回聞いてみる?
180927_keychin26.jpg

うれしそうに自分が作詞した曲を聞かせてくれるきーさん。
ハネ:きぼみ、すごく胸熱みたいだね?w

しかも、聞きながら、感極まってる~
180927_keychin27.jpg

歌詞を解釈してくれるキラーとんせん。ありがとう。

ハネ:きぼみのことをすごくよく知ってるわけじゃないけれど、
歌詞に自分のスタイルが出て来るっていうのが、理解できるよ。
180927_keychin28.jpg

ふたりとも、真剣に『アンニョン』を聞いて、かみしめてくれて、感想を言ってくれて、ありがたいね...

「ふたりにも僕にとっての『アンニョン』みたいな曲があるんじゃない?」と、聞きだす。

ハネひょんから、曲名聞いて、調べて...

き:歌詞を書いたら、自分の性格が投影されているのは事実だけれど、
僕らは創作しなければならない人たちだから、
全ての話を自分の話で書くことはできないじゃん。
僕はこういう話を聞くのがあまり好きじゃないんだけど、
180927_keychin29.jpg

き:歌詞を書いたら、「経験だね」「実話だね」
それじゃあ、僕はいろんな人にならないといけないじゃん!
『ルシファー』はどうなる~
180927_keychin30.jpg

き:スティーブン・スピルバーグは、多様な映画を撮ったけど、
あの人の経験じゃないじゃないですか。
そういうのと全く同じことだよ。
新しいストーリーを作り続けてるのに~
「インタースティラー」の監督は、宇宙に行ったのか?
そういうのと、全く同じことなのに~
180927_keychin31.jpg

ハネ:理解はできるよ。
僕がめちゃくちゃ音楽が好きな頃、すごく好きなミュージシャンを見て、
「この人はこういう人生を生きてるんだな~」って想像するようになるじゃん。
理解もできるけれど、創作する立場としては、残念でもあり。
き:僕がこの話をなぜしたかっていうと、ヒョンの歌詞があまりに強いからだよ。

そういうことかw
それで、ハネひょんの曲をようやくみんなで聞く~

ところで、このすごい隠れたところにカメラマンいるね?! すごいね、隠れ具合が!
180927_keychin32.jpg

キラーの曲は、ホントにリアルな状況で書いた曲だから~と、また、変わった曲を聞かせてくれて~

き:音楽はいつもフェードアウトで。
180927_keychin33.jpg

突然切るのは、大嫌い、とw

き:歌詞がみんな、自分が入ってるね。

それぞれ、3人とも全く違う色だったよね。

き:僕が昔から気になってるんだけれど、HIPHOPの方と、僕ら(アイドル)の方と、
知ってか知らずか、ぎこちなさがあると思ってるんだよ。
180927_keychin34.jpg

ハネ:もうちょっと直接的に言えば、昔、HIPHOPの歌詞中にアイドルの音楽は、
真正な音楽ではないとか。
き:そういうの、歌詞にもあったから~
ハネ:そういうのは、今は、HIPHOPがすごく大衆化したけれど、
マイナーな要素を持っていた時に出て来るような何か、インスピレーションとでもいうか?
き:最近、感じるんだけれど、最近はコンテンツの戦いじゃないか。
僕らも音楽的に発展をその頃よりもさせようとしているし、
今は尊重するじゃないですか、お互い。
交差することも多いじゃないですか、ヒョンと僕が「ノルト」やってるみたいに。

き:僕らがやるのを見てどう?音楽的に。
180927_keychin35.jpg

ヒョンがやりたいとか、追求したい音楽じゃないじゃん。
尊重してるだけじゃん。
ハネ:やりたい音楽じゃない、というのとは違うようで。
僕がやることができない音楽だよね、実は。
なぜなら、多くのことが必要でやっているんだから。
パフォーマンスも重要だし。実は、僕はそういうのができないから、異質感を感じるんだけど、
お前が言ってるように、すごく変わってきたと思う。
実力がある人も多くなったし、尊重せざるをえない状態になったんだよ。

き:キラーグラムはどう?アイドルの音楽を見て?
キラー:そもそも、小さい頃から好きな音楽のジャンルなんていうのは、僕は無かったですよ。
一度も「HIPHOP!」って思ってそれだけを聞いたようなことがなくて。むしろ。
高校の時、僕がRAPをやってたんですけど、
その時も「ジュリエット、oh~♪」このミュージックビデオダンスバージョンがあったじゃないですか、
それがすごく好きで、友達と一緒にすごくよく見たんです。

き:HIPHOPが最近はあまり戦闘的じゃないから聞くようだよ。柔らかい時もあって。
キラー:肯定的なメッセージを伝えるHIPHOPもすごく多くなりましたよ、最近は。
き:リアリティーもすごくあるようで。ジャンルが違うだけで、僕も共感できたりするから、HIPHOPも聴き始めたんだよ。無理にさげすむ部分を探すとすれば、僕らは、こういう話をよく聞いたよ。
「直接創作に参加しない」とか、「直接作曲や作詞をしないから」
そういう部分に対してよくない話をする人たちが多かったけれども、
僕が考えるエンターテイナーや、芸能人の才能っていうのは、
良い歌を僕がステージで表現すること。
180927_keychin36.jpg

き:それぐらいに表現するのが、ぴったりと僕の適性と合ってるんだよ。
僕が作曲がうまかったら、とっくにしてたよ、僕の性格では。
僕は素質が無いようでw
180927_keychin37.jpg

き:でも、良い曲を時期に合わせて、うまく表現したい。
人々がこれを聞いて、「良い」「楽しい」「憂鬱だけどぴったりだ」その程度に感じてもらえれば、
僕はそれで満足だよ。
創作の全ての管理がプレイヤーにあるとは思わないんだよ。
180927_keychin38.jpg

ハネ:あまりに合ってる言葉じゃない?
キラー:そうそう
ハネ:創作に参加すれば人の音楽的な能力値が保証されるんじゃない。
表現することもすごく大事なことで。
ラッパーたちもこういうことを理解してると思うのは、
本人たちがメディアの機会があって、
こういうことの価値を知っているっていうのもあるじゃないかな。
「出て行って表現するのは簡単じゃないな」ということがわかったんだよ。

き:キラーはどういう時に楽しくて幸せ?
キラー:僕は、実はこうやって何かをしてる時が楽しいですよ。
数か月ずっと忙しかったんですけど、その後、いきなり止まったら、
調子が悪くなりました。
き:僕もそうだったよ、昔。
キラー:休んでいるのがすごく嫌で。不安で。間違ってるんじゃないかと思って。
き:何もせずに一日中、自分が自分と過ごす時間が必要なんだなということを、僕が最近感じてるよ。もちろん、僕が1歳上だけどね。


き:はじめはすごく心配したけれど、思ったよりもおもしろかったです。
栄養価がある話をたくさんしたようで。
その世界を直接駆け回ってみない以上は、感じることができないことは、言葉で聞かないといけないじゃないですか。
彼らも僕からいろんな話を聞いて、僕も彼らからいろんな話を聞いて、とても意味深い時間だったと思います。

180927_keychin39.jpg
180927_keychin40.jpg

ふたりとも良いお値段つけてくれた!

なかなか知り合うことも少ないし、ましてや、じっくりプライベートみたいな雰囲気で話すこともないであろうミュージシャンたちと、じっくり、話が出来て、すごくよかったよね。

アイドルとHIPHOPミュージシャン、境界線みたいなことや、お互いへの偏見・確執みたいなもの、だいぶなくなったと感じていることも、お互いに共感できて、実のある話ができたよ。いろんな部分がボーダレスになってきてるし、そういうコンテンツを作っていけるのが、SHINeeだと思っているよ!



キラーとんせんも上げてくれたw



来週のゲストは、せぶちっぽい・・・? ミンギュとホシ? (に見える)
楽しみー!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みちる★

Author:みちる★

最新の日記
最新のコメント
最新のトラックバック
全日記一覧

タイトル一覧ページへ

月別一覧
カテゴリ一覧
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter...
SHINee関連グッズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク